フェラによる性病感染を予防する方法

フェラによる性病感染を防ぐ5つの方法

フェラ,性病,予防

フェラのときも性病に気を付けていますか?
フェラでも、うつるんです!

 

フェラなど口を使ったオーラルセックスを楽しんでいる人は多いと思います。厚生労働省の調査によるとエッチの際の7割以上でオーラルセックスをやっているそうです。そして、最近はオーラルセックスを通して性病に感染するケースも増えているのだとか。

 

口の中やその周り、喉などの粘膜には、目に見えない無数のキズがあります。性病のウィルスは、そのキズからも体の中に入り込んで、最悪の場合は性病を発症させてしまいますので、フェラでも性病にはしないといけません。

 

ここでは、性病の感染を防ぐ効果的な5つの方法を紹介します。

 

 

フェラの前には性器や口の中を清潔に。

 

フェラ,性病,予防,方法,対策

性病の原因になるウィルスは性器や皮膚、口の中など体中に存在しているので、フェラやエッチの前には、そうした部分を入浴して、まず清潔にしておくことが大事です。

 

歯磨きをすることもあると思いますが、その際は、口の中の粘膜を傷つけたり、歯茎などから出血させないように注意してください。フェラしたときに、その傷口から性病に感染する危険があります。

 

 

 

フェラでもコンドームを着けましょう。

 

厚生労働省のまとめでは、オーラルセックスでコンドームを使用する割合は2割程度と低く、「生」でやる人がまだまだ多い状況のようです。でも、「生」でやると口や喉の粘膜や傷口に性器や精液が接触したり、粘膜自体が傷ついたりして、性病の感染リスクが高くなってしまいます。これを防ぐには、やはりフェラの時もコンドームを使うことが、最も効果的で確実な方法になります。

 

最近のコンドームは、無味無臭のものや極薄でフェラの時に着けていても違和感が少ないものなど、いろいろな製品が発売されていますので、フェラの時も着けるようにしましょう。

 

⇒気持ちいいコンドーム選びはこちら。

 

フェラ,性病,予防,方法,対策

フェラの際にコンドームを使うときは次の点に特に注意してください。

  • 品質のよいコンドームを選びましょう。
  • コンドームにキズを付けないように注意してください。また裏表を間違えないように。
  • 口に挿入する前から、口から完全に抜き切るまで着けておきましょう。
  • 射精後は精液が漏れないよう根元を掴んでから抜くようにしてください。
  • 万一途中で破けて口の中で精液が漏れたら、すぐにゆすいで洗い流してください。

 

 

生フェラしてしまった時や口の中に精液が入った時は、即うがいを。

 

「生」でフェラをしてしまったり、コンドームが破けて口の中で射精を受けたりした場合は、速やかにうがい(口の中をゆすぐ)をしましょう。しかし、「うがい」は喉の奥のウイルスには効果が薄くて、性病予防策としては弱いです。

 

消毒薬の「イソジン」は効果あるの?

 

フェラ,性病,予防,方法,対策

消毒薬の「イソジン」を使ってうがいしても、性病予防に効果はないという意見があります。イソジンの粘膜や皮膚の殺菌、消毒作用は認められていますが、クラミジアや淋病といった性病のウイルスに対する効果がはっきりしていないからです。ただ、実際にはイソジンは風俗業の現場で広く使用されているので、使わないよりは、使った方がよいと思います。

 

また、イソジンを使いすぎると、外からの刺激や有害物などから身体を守っている粘膜を壊してしまって、かえって性病に感染しやすい状態になってしまいます。イソジンを使うときは、濃度や使用頻度には注意してください。

 

喉の淋病予防に「リステリン」が効く!?

 

フェラ,性病,予防,方法,対策

市販の洗口液「リステリン」でうがいとすると、フェラで感染しやすい性病のひとつ淋病の原因である「淋菌」が消滅したという研究結果を、オーストラリアのメルボルン性健康センターの研究チームが発表しました。まだ、決定的ではありませんが、注目したい情報です。⇒淋病予防に「リステリン」

 

 

エッチの相手を特定しましょう。

 

フェラ,性病,予防,方法,対策

性病は性病に感染している人と性行為したときにはじめて感染しますので、不特定の人とフェラを含め性行為をもつと、当然ですが、性病の感染リスクが高くなります。やはり、エッチの相手を特定することが性病予防にはとても有効です。

 

ただ、相手を特定しても、気心が知れて愛情が芽生えてくると、エッチに対して無防備になりがちです。特定の相手でもコンドームを使用するなど予防を心掛けましょう。できればお互いに検査をし性病に感染していないかどうかを確認しておくのがベスト。この方が安心してエッチも楽しめますよ。。

 

定期的に検査しましょう。

 

性病は感染していても自覚症状がない場合が多いので、健康診断のような感覚で、定期的に検査を受けるようにすると安心です。病院に行かなくても自宅で受けられる郵送の性病検査なら気軽に利用できます。